失うことで得る事は

失って初めて

その価値や尊さに気付く、ということはよくある

本も面白かった

自身のことを描いたものに感心した。

その生きざまに、何度も。

仏教の教えに乗っ取って法話もして

その言葉もつよく、温かかった

新聞の連載も毎度読んでいた。朝日新聞だったので。

少し前まで読んでいたような気がするけど

99歳まで信念を貫いて好きな仕事をし、こう在れたらいいなと思える人生!

今日はもう一つ面白き読んだ記事

宇宙飛行士の野口聡一さんのインタビュー。

野口さんは

飛行士になった最初の日から、理系的な宇宙へ興味よりも

宇宙とは何か

宇宙は人間をどう変えるのか、という

“哲学的な問題をライフワークとしている”。

これは

日本人の7人の宇宙飛行士の中で一人だけなのだそう。

立花隆さんの“宇宙からの帰還”を読んで宇宙に興味を持ったそうで

なるほど

質問への答えにも『文系的』な言葉で返答していて

その感覚に興味が沸いた!

 

船外活動の時に

地球のまぶしさと、宇宙の闇を同時に見たことは

生と死の狭間、この世とあの世を隔てる三途の川を渡るような感覚を持った

とか

地球の黒色と宇宙の黒の違い

とか

座禅を体験した時の感覚とか

それから

重力の感覚も。

というか

重力を喪失する感覚、、、

「船外活動で外が真っ暗だと手や足が伸びているか、曲がっているかわからない」

これは

重力を失って初めて気づく感覚

私たちの身体感覚は重力のもとにあるということなんだ。

将来、宇宙に人類が進出したら

上下関係という規範はなくなるし

大地に根を下ろすという言葉も意味を失うだろうと。そして

宇宙は夢やロマンの対象と同時に

『引き算の世界』だと。

『宇宙に飛び立つと、何かが欠けていきます

家族や友人との距離が離れてロケットの燃料が減る、重力はない、食べ物も制限される、船外で夜になれば視覚うを失う(漆黒の黒の世界)

宇宙は永遠に続く引き算の世界であり、最後に残ったものとどう折り合うかが問題になります』

 

失うこと

当たり前が無くなった

その時に

なにか気づくことがある

 

昨日の新聞記事から。。。

那智大社から大雲取越え

今日のコースは

今回1番キツイと思われるコース

大雲取越え

という古道では最難度のところ。

今日は列車とバスで移動

大門坂という那智大社へ向かう石の階段を上りました

普通のコンクリートの階段も登って最高位に鎮座していました

そして

滝へ

滝は近くで見るのがいいです!

という昨夜のMさんの言われた意味がよくわかりました

往復1キロかかるから

教えてもらわなかったら古道へ直行してました

那智黒ソフトクリーム

朝から食べました

これはススメられてませんが😅

那智大社をみて、古道へは一時間後に入りました

登る途中に難コースだから気をつけて、とかかれていました

石畳をひたすら登り、船見峠で見えた熊野灘に感動しました

その後も登りでしたが石畳の道は快適

吹き抜ける風は清々しく

気持ちいい

林道を抜けたら

今度は苔の道

途中の沢で足冷やし🦶1回

この苔に

あとで泣かされることになるのです

 

再び出会った沢でお昼休憩

昨日のうちにパン屋さんで調達したパンとサラダチキンとチーズ

宿でもらった茹で卵、です

沢の水は冷たくて気持ちよく

歩く気無くなるとこでした(笑)

しばらく行くと

迂回を示されました。予定より40分オーバーするって

ガーン

迂回路は面白くないのです

表示も無く40分。

人ひとりいないので不安になります

合流点に着くとホッとしました。

ここから峠越えの上りが始まり

やっと着いた峠

峠は

とても静か

鳥のさえずりも小さく

沢の音もない

静かな静かな空間に

ただ

座ってました

それは

これから始まる最後の難関への準備でもありました

それは

下り地獄

標高差800メートルを一気に下るのです

2時間弱

しかもそれは

ゴロゴロした石や

苔むして滑りやすい石との格闘

そして

迫り来るアブを追払いながらの下りだったのです

昔の人は

どんな履き物で凌いだのかなぁ

 

そして到着したのは

小口自然の家

廃校になった小学校を改築した宿泊施設

ここが

今日の大雲取と、

明日行く予定の子雲取との合間にあるのです

大雲取越え、小雲取越えは

那智大社と、熊野本宮大社を結ぶルートなんです

こんな広い建物に

宿泊者、私1人きり❗️

今日は早寝します〜

 

 

 

熊野古道 小辺路と海沿いの神様

今日はゆっくりめのスタート

十津川の宿は朝食も丁寧なものでした

温泉で炊いた茶粥

この辺は番茶やほうじ茶で、が一般なのだそう

十津川産と、そして自家製、手作りにこだわった食事でした

さて

出発は9時。

熊野川を横手に登山口まで歩き

ここからスタート

朝から真夏日

そして

最初からの登り!

一気に汗💦が吹き出しました

さっきの川を見下ろすポイントも

目に汗が入って痛い(*≧∀≦*)

それでもずっと坂道はつづき

やっと

空中の村と言われる果無集落へ。

でもここはまだ序の口

果無ってまだここかあ、、、

登り続きのこの道は

上皇や貴族が通った中辺路と違い

江戸時代に主には観光で使われたみたい。

遠く高野山と繋がっていてそちらからの来訪者が熊野詣でに通ったのだそう。

小辺路には石畳も残っているし

地元信者によって祀られた33体の観音様が残っていて

古道の雰囲気あります

こういうところが他の山道と違う楽しさ。

あと

圧倒的な森、というか山の中⛰の道だということも。

それが時々わかります。

写真の本宮町が

目指す本宮大社

昔の人もここからゴールが見えて喜んだのかなぁ

スタートから

ちょうど2時間

登り切ったところが果無峠

やったあ!

ここから延々とくだります

下りの途中で

宿に支度をお願いしていたお昼をいただきました

めはり寿司

竹の皮に包まれていて

にくい演出!

宿のほんわかした若夫婦にここでまたノックアウトされました!

お地蔵さんに見守られながら

山道をくだり切って

今日のゴールはここ。

13時半到着

熊野川を見ながら

おやつ食べて

バスの時間まで足を冷やしました

また、です😅

バナナ2本食べちゃった❗️

目的のバスは1日三本だけ。

時間に気を使いました。

バスで新宮市まで移動

山から海まで1時間10分

このバス日本一長い距離を走行しているそうです

私はチケットの数字を逆に見て

4800円を支払って下車したら

観光案内所まで運転主さんが追いかけて来てくださいました

「もらい過ぎです」と。

ありがたい

返金確か三千円近くありました

バスの料金表示には5000円台とか

見た事ない数字が並んでました

宿に16時過ぎに着き

レンタサイクルを借りました

そして

熊野三山のひとつ

速玉神社⛩へ

そして

三山の大元と言われる

神倉神社も!

500段の石の階段を登ってまたひと汗

石段を登りきって鎮座する巨岩

これが御神体

それは

熊野灘見下ろしていました。

神がここに降りたて伝えられる場所

場所のもたらす意味

山があり

川があり

海がある

そしてこんな巨岩❗️

 

それまで自然を崇拝していた人々は

この場所に降りてきた神を神として崇めるようになる

これが原始宗教から神道への転換の始まり

神道とは

『清めと祓い』

の行いです

 

由来の文に

1人

なるほど〜

でした。

 

そして

今日は、火曜日!

宿からオンラインヨガも予定通り行いました!

やはり

これが無いといけません。

参加してくださったmさんに

情報いただき

また明日からも歩きます❗️

熊野古道、歩きました

今日は熊野古道をしっかり歩きました。

1番のメインコースです

中辺路(なかへち)といいます

熊野の3大社に詣でる途中にはもともとそこにいる在地の神様を敬い参拝しながら歩いていたそうで

その場所を

王子と言います

熊野古道の道中にはこの王子が目印のようにあるのです

今回は

継桜王子から熊野大社への道を歩きました

5時46分にバス停へ

6時半過ぎからスタート

古道まで歩きます

最初のここが1番見応えのある王子でした

舗装道もあれば

山道あり

川の道あり

石畳みあり

迂回路も結構長くて1時間ちょい

こんな道は古道っぽい

しかし

今日は失敗もありました

ひとつは

道を間違えて相当な距離歩いてしまった

考えごとしながら歩いていてこの看板を見落としてたら

林道を行けどもいけども看板がなく

道端に猪の全身のホネが散乱しているところがあって🤭

同じところを3往復もしてしまったのです

30分も余分に歩いて焦っていたら

左足首にくじいたような痛みが出てきてダブルで追い撃ち

古道に戻ったあとは

先伸ばしにしていたお昼をとりました

川のそばに陣取って

冷たい水に足を浸してランチ

昨日やっと見つけたスーパーで買ったこんなものが

ご馳走でした

20分後

足の痛みが引きました❗️

またまたエンジンかかって

一気にゴールを目指します

アップダウンも⤵️⤴️行っちゃうよ

ここまで来たら、という目標のひとつ

発心門王子。

それまで歩いていた人に誰一人会わなかったけど

ここから先はちらほらと。

一時間ちょっとで

熊野大宮大社到着

平安時代、天皇までもがまいった神さまが宿る場所

ここへ到着したのが思いのほか早かったので

バスの予定を3時間繰り上げ

それでも一時間半時間ができたので

湯ノ峰温泉へ。

足の治療に。

この壺湯、1人30分限定で1人ずつ入浴できます

このお湯の効能にまつわる物語があって

実際に難病の人が訪れたのだそうです

説明書きを見上げて。

今日の宿は十津川温泉♨️

源泉かけ流しの温泉なので来てみたかった

 

今日は

贅沢しています

旅館じゃないみたいな創作料理です

温泉料理と地元野菜にこだわったものでした

温泉で炊いたご飯🍚はほんのり黄色

明日はこの山から大社へ近づきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

守るべき感受性って

朝、玄関の新聞をとると

まず目が行くのは

今日の天気の欄

ああ、

今日もまた雨ね、、、と思う。

その時、少し晴れ間が出ていたので

洗濯を早めに干して、畑に収穫に行こう!とも思う。

そして次に目が行くのが一面のこの欄

【折々の言葉】

哲学者の鷲田誠一さんが選択して、その言葉にコメントしている欄です

朝から

「ほんと、そうだね」と深く共感してしまった

茨木のり子さんの詩を思い出したくて、調べて、音読して

ここにも載せます

その他の詩も探してみました

http://kajipon.sakura.ne.jp/kt/shisyu.html

人生の最後まで

自分の感受性を守る、その姿勢が崩れることがなかったのでしょうね。

 

昨日

オンライン体操教室で、レッスンの後

受講者の皆さんと講師との茶話会が行われました。

参加者のお一人に

70代の人形劇役者の女性がみえました。

股関節の故障や、古傷で痛む肩、腕の違和感を持ちながらも

自分の身体の動かし方を工夫して

より楽に動かせる方法をいつも探求されています

無邪気で、チャーミングな方です。

茶話会では

自分の今の活動を教えてくれました。

技術向上の為にオンラインで様々なワークショップに参加して勉強したり

それを実践、練習したり

ご自身の活動もオンラインでしていて大変忙しく過ごしている、

でもやっぱりSNSはチンプンカンプンで、、、

そんな話を楽しそうにされていました。

 

〝駄目なことの一切を

時代のせいにはするな

わずかに光る尊厳の放棄〟

 

時代のせいでなく、年齢のせいであるはずもない

体のこともそう

ここにおける環境のこともそう

私が、何かに対する尊さを

自分で見失ってはいないか

 

いつも何かのきっかけで自分を見直すことが出来ます

 

あ、朝

畑にも行きました

 

 

 

夢中になりたい

 

昨日、朝日新聞のTV番組紹介欄にあったので録画して見てみた

【コンテンツラヴァー】という番組

コンテンツってテレビやネットなどで配信される情報の内容のこと。

https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=30037

この中で出演者の4人のオススメコンテンツが紹介されていたので写真に🤳

メモ代わりに。

そしたらこの中で最近見てとっても面白かった番組があった‼️

「私も好きだあ」と、うなる。

それは

【魔改造の夜】

最近NHKはバラエティもいい線いってる。

ドキュメントはもちろん

ドラマもいい!

魔改造はこちらから

https://news.yahoo.co.jp/articles/b96f1ad09929d61857f2be7fcd3efb24705618cc

優秀なお方たちがなんの役にも立ちそうにないことに頭脳を働かせて技術力を絞り出す

そして

そのくだらなさに反比例するような

熱い情熱に感心して

バトルに負けて涙する姿

勝者さえも戦いきって泣いている

その姿にホロリとする

くだらないように見える競争の裏にある大きな大きなロマン

一緒にハラハラしてその臨場感に興奮してしまった。

 

私たちは

夢中になれるものを求めてる

きっとずっとそうなんだろう

子供の頃から変わっていないんだ!

今日

藍の葉で叩き染めをされた方が作品を持って来てくださった

初めてに挑戦だったそうです

しっかり染まっていました

先生に褒められていましたよ〜

先生は草木染めに魅せられて数十年

大概のものは染めの材料になっるて

栗のイガイガやよもぎも〜

先生が夢中さを語る様子

goodでした!

 

 

 

 

 

独立記念日を境に

昨日

コーチングのセッションを受けました

自分がレッスンをなぜするのかという大きな問いに向き合いました

自分自身のことも含め

主には

今スタートしている

オンライン体操教室を通して

自分がどんな世界を創りたいのか

未来志向・目的志向】未来は変えられるという意識が本当に運命を変える ...

 

そのために

自分が日々果たす使命は何をすることなのか

慣用句】「手を差し伸べる」の意味や使い方は?例文や類語を元広報紙 ...

使命を果たすときに

その場にどんな価値があって

何をモットーにしているのか

その答えを考えていくためのものにもなる

 

そんな想定でした

 

ただ

コーチの先生の質問はそれとは全く違うもので

過去の自分をふり返ったり

夢を実現したのちの自分のたどり着いた家を想像したり

森の中にたたずむアートカフェ「そあとの庭」でゆったり流れる安らぎの ...

私はこんな家をイメージしました↑

はたまた

自分を(自分が強く影響されていると思っている)他の人間に融合させて(幽体離脱!?のイメージで)

幽体離脱(たくや) | ザ・たっちオフィシャルブログ「世界 ふたご発見 ...

その人になり変わった自分が、本当の自分にどんな言葉をかけるのかを考えてみたり

とにかく

様々な質問が次から次へと投げかけられ

空想し

イメージしながら

こちらも次々と答えていきました。

 

最後の方では

まさに人生の最後をイメージし

死ぬ直前の私と

天国に既にいっているもう一人の自分と対話するとしたら、、、

なんていう場面もありました

いやはや

単純に疲れました、、、

 

「えっ」の質問に

答えに窮して、でも言葉をみつけて

まるで

ぐちゃぐちゃのパズルのピースを一音一音広いあげて

単語にして

文章にして

話になるよう積み上げるような作業

角に置けるピースが多過ぎる 海外で話題の“普通の解き方だと解けない ...

やっと声に出せたら

次の質問では

パズルは一から探すのです

このパズルの組み合わせ、本心なのかなアと思ったりもして

そんな迷いある自分の考えにも翻弄されたり。

ただ

死の淵のイメージでは

簡単にピースがつながったのです

「よくやって来たね、やり切ったね」

と最後に自分に言える、と思う。

そんな気がしている。

 

 

そして1時間半後

先生の最後の質問。

「キーワードは何でしょう」

「さらに他の短い言葉はありますか」

その時の質問の答えも

ふっと楽に出てきたのです

それは

お陰様

そして

知足

という言葉でした

先生は

「7月2日 今日はアメリカの独立記念日ですね、この日からあなたはまた変化するのですね」

と締めくくられました。

私は

頭の中が整理できた気分でした

言葉にしたくないことを

ごちゃごちゃにして自分で見えないように収納してきてしまった

それが整理整頓された感覚になりました

スッキリしたら

最初に求めていた答えは

すんなり

ほんと

楽に出てきたのです

まさに

お陰様、なのでした!!