体の中心使い

アレクサンダーテクニークのレッスンに行きました。

操体法やひもを使ったトレーニング、足の指や足首のマッピング

などなど

様々な方法を合わせて動きの実験みたいなことをしました。

壁を押す力が断然強くなったり手の上がり具合が変化したり面白い発見が見つかりました。

今回のレッスンの根底には

「体の中心を利用する」

ということがありました

体の中心というとちょっ漠然としていますが

中心が動力の源として使えるということは体全体に力が及びやすくなります

局所の動きも中心が声をかけてみんなで支えて行えます

体の各所がセンターを基に協力し合う感じ。

これをうまく使うことで動作は変わりますよ~。

ひもを使ったトレーニングはこの協力を助けてくれます

グループレッスンでもこれを応用していきますね!

個人レッスンでは、さらに明確に変化を体感していただけます。

・・・・・・・・・・・・・・・・

名古屋の往復は電車で立ちっぱなしでしたが、この本があってあっという間でした

こんな熱量のある若者がいるんだ~~と目が覚める思い!

ナディアパークB1のジュンク堂書店に行き

これと同じ本を2冊購入!

若者へのプレゼントにしようと思って!

自分の熱量が冷めないうちに・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です