愛知の山へ

昨日は

愛知県の山へ登ってきました

多治見から登る弥勒山には数回登ってますが

愛知県の山は初めてです

今回は一緒に行くR子さんお薦めの上臈岩(じょうろう岩)です

新城市の愛知県民の森からスタート

すぐそばに蓬莱湖を見下ろす山です

林道を過ぎ、シダを漕ぎながらの登り

だんだん展望が広がる

昨日は雲のない快晴!

ルートを外れて下り、湖のそばの岩に腰かける

ここ一帯は奇岩が多く

いくつもあるそれを探しながら巡りました

ところどころにぶら下がっている現在地を示す小さな地図と

木に巻いてある、目印のピンクのテープを頼りにして、、、

まるでアドベンチャー!!

見つけて嬉しく

名前も面白い

驚きの形の岩

撮り方ステキだ

これは天窓の洞という名

上部から光が落ちる

再び上界へ

上の景色ももちろんいい

お弁当はここで

珍しくサンドイッチ

下山は16時半でした

紅葉まだ見れました!

みんなで鳩吹山⛰2回目の報告

皆さんと一緒に鳩吹山

今日は2回目、下恵土の教室の方々と登りました

ヨガのレッスン終了後,

11時に登山開始

前回と同じく真禅寺口スタートです。

あれ

結構距離が開いてます、、、

さあ

登りはじめです

今日はお天気よく、気温も思ったより暖か

距離が近づきました

同じ教室のメンバーなので話がつきません(笑)

この紅葉のキレイな葉は何でしょう?

こんな風にグラデーションでの紅葉、キレイだ!

誰かがスマホで調べてくれました

どうだんつつじ、に似ていますが

このはつつじ、のようです

植物が好きな方が多いのです

山頂の鉄塔が見えましたよ!

15分後

無事登り切りました

おー地元の景色だ!

「新しい木沢病院はあそこかな~」

「木曽川の中州地帯のようなところがあるね~」

山頂でのショット

鉄塔を真近で確認、ついにここまで来ましたね

休憩場所でちょうどお昼にいい時間

満足~の、スマイル(^_-)-☆

展望もばっちりでした

下山です

30分で下り切りました

「ヨガしているから登れたね」

と言ってくださった方がみえました

その言葉

来年また聞きたいです~

鳩吹山登山の報告

今日、

皆さんと鳩吹山登ってきましたよ!!

小泉公民館に集合して登山口まで行く道中

雨がポツポツ☔

途中、これではちょっと厳しいなあ⤵と思えるくらいのポツポツになってきて

えーーーーΣ( ̄ロ ̄lll)

天気予報では確か雨は降らないって、、、、Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

恐る恐る向かいましたッ

ほんの少し垣間見える青空を期待して、

もし中止なら皆でモーニングかなあ☕なんて思いながら。

ですが

真禅寺に到着した時には雨はほとんど気にならない状態になっていました

そして

到着されたSさんが

『私、晴れおんな☀だから大丈夫、雨降りませんよ』

って!!!

なんと心強かったことか!!

そして

その通りになったのでした

(((o(*゚▽゚*)o)))

全員集合してスタート

雨、上がってる!良かったあ~

登り口に到着

先頭は、ご夫婦で参加のMさんのご主人

お二人はよく山歩きされるようでそろって健脚です

なんと

青空が広がりだしました!1

美しい登山道

西山への分岐の広場でおしゃべり~

初対面の方が多かったと思いますが

山ではホント気にならないのです~

今回、参加してくださった8名の方の中で

最も頑張られたのはやはりYさん

ほぼ登山は初体験!

それでも

私のお誘いに

『行きたいです!!』

と、一番に手を上げてくださった方です

私は彼女の背中を追いながら歩きました。

懸命に歩かれていたので

時々景色を眺めていただきました

眺望のいいところで休憩

みなさん順調です~

山頂を見ながら下る

なぜ~、とぼやきながら

下る。

皆で行くとぼやくことも出来る(笑)

そして

1時間ちょっとで

山頂到着!

やったー!( ^)o(^ )

Mさんのご主人に撮っていただきました

ベストポジションでひと休み

なんと

M林さんのお陰でカフェタイムになりました

美味しいスイートポテトをふるまってくださいました

Mさんの手作りコリコリ甘梅も美味しくてお代わりしちゃいました

今回お一人スポーツクラブのヨガレッスンに来てくださっている方がみえました。

ホームページを発見して私に

「登山参加していいですか?」と、ちょうど一週間前に声をかけてくださって。

思い切っての参加希望、嬉しかったです!

土岐から来てくださったHさん、

気さくに皆さんと会話されていたKさん

奥様のお誘いに多分⁉快く同伴されたMさんのご主人

一緒のパーティーで登れて本当に楽しかったです

「また登りたい」

と思ったところから、新たなアンテナが動き始めることと思います

もちろん私もそう思いました!!!

ご参加ありがとうございました

今回参加を躊躇された方、都合が悪かった方

またお誘いしたいです~

Yさん笑顔輝いてましたよ

 

 

 

県内観光しています

昨日、今日はプチ観光

ここはどこでしょう?

そして

ここから行くこの城は🏯

城からの景色

一階部分から

川と高速道路もヒントかな

2階部分から

更に上がって

今はハイシーズンのようです

清流のまち

吉野川には鮎が泳いでました〜

空も水中も自由自在❗️水に潜って泳ぐ鳥も発見🦅

ここからの飛び込みは名物でしたねえ

もうお分かりでしょうか〜

郡上城🏯でした〜

 

 

 

鳩吹山でリセット

今日も

合間に行って来ちゃいました

モヤモヤした自分の気持ちを落ち着かせるために~

急いで弁当を詰めると

車に飛び乗り出発!

山に来ると

スッキリするんです

もうここの段階で。

空の色がいい

一歩一歩丁寧に進む

その触感がイイ

今日はこの分岐を西山方面へ

金の道

銀の道

いろどりの道

西山山頂です

展望もイイ

山頂は人が多くてスルー

下山して

車でお弁当を食べました

弁当は荷物でしかなかったッ

気持ちはスッキリ

その足で

根本のレッスンに向かいました!

今日の根本に来てくださった方もお一人23日に参加されます!

23日から気温が低くなるそうです

参加される方は防寒着をご用意下さいね

鳩吹山2回目の下見へ

昨日靴に引っ付いたにっくき引っ付き虫を一つずつ手で除去

今日は

2回目の鳩吹山の下見に行きました

真禅寺口から

10分ちょっとで登山口

履きなれたスニーカーで大丈夫、ゆっくり行きましょう

15分くらいでここまでくると

平坦な道も出てきます

 

紅葉は

紅葉もイイ感じです

あと30分という看板

この看板までくると

山頂はもうちょっと

看板通り、30分弱で着けると思います

木曽川を真下に見下ろせるスポット

今日はここでお昼にしました

下山の景色

今のところの参加者は

23日㈫ 4~5名

25日㈭ 5~6名

です

ご希望の方、迷ってる~という方も是非ご連絡ください

あとは

どうか

晴れますように。。。。

 

 

小さな手を使っています

今日も晴天

ポカポカ陽気でしたね

綺麗な青空に

午前中家を出て

高社にチャッと行ってこよう!と思って出発

なのに、、、、

 

まずは普賢寺に到着

ここを入って金毘羅神社に行くつもりが

裏手にある巡礼路を発見

これが

なかなかいい木陰の道だったのです

順番に石仏をたどれるようになっています

ぐるりと回って

奥の広い道を行くと

あれ

別の舗装道路に出ちゃった

根本方面に向かう道

ここまできて逆戻りしてどんどん行ったら

この先は行き止まり!

道なき道を無理に行こうとしたら

足がこんなことに!

足がチクチク痛くて

結局1時間ほどで帰宅しましたッ

でも

今日は

中々いい道を見つけたので

登山はちょっと、、、とう方に

ウォーキングの日を設けよう!と思いましたよ

またお知らせします

・・・・・・・・・・・・・・・・

今週

レッスンでは

小さい手を使っています

手のひらに隠れた小さな手

その手でグーパーをしたり

その手の一部を支点にして腕全体を動かしたり

そこを思いながら体を動かしたりしました

途中

不慣れな動きもあるので脳はイライラしますが

それも学習となります

不慣れが慣れになると

イライラは軽減します

そして

活動部位は変わってきます

繰り返し行っていきますね!

養正公民館のホールの窓際には

この時期おなじみの

背高のっぽの皇帝ダリアが気高く咲いていました

皆で

見上げました👆

 

 

登山と魚と

昨晩、

福井での釣りから帰宅した夫は

大量に小アジを持ってきた!!

晩御飯に一食分唐揚げして

今朝

ゴミ箱に入れるかどうしようか迷って迷って

1尾処理し

2尾目を手に取って

と繰り返すうちに

結局

全部処理してしまったので

片栗粉をまぶして素揚げして

マリネにした

これを

届けに行こう!

という口実を作って

そして

じゃ

登山口も近いし

というわけで今日も登山

おがせ池にある薬王院から

この池は

枯れることがなく

竜神が住んでいる、竜宮城の入り口とされて信仰の対象なのだそうです

薬王院の裏からスタート

扉を開けて

最初は草ぼうぼう

次第によくある山道に

苧ヶ瀬池をだんだん高くから見下ろします

山頂今日は3つ

山頂今日は3つ

この先に見晴らしのいいところがあります

そこで休憩

今日もきれいでした」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

福井の漁場のあさ市で買ってきてくれたサバとアジ

開いて

干物にしてみました

 

 

 

 

またまた秋の各務原アルプス

今日は各務ヶ原アルプスへ。

長男カップルを誘って登ってきました。

一緒に行けることが嬉しくて

まずは

昨晩は差し入れのおかず作り。

二人で毎晩弁当ばっかり食べているようなので(´;ω;`)

そして

今朝は早起きして山ご飯作り。

今まで作ったことのない

ボリューム系サンドイッチに挑戦

こんなに積んでもイイみたい

無理やりパンで蓋をしてサランラップで巻き

サランラップごと半分にカット

やっぱり8枚切りの方がよかったかな、、、

無理やり弁当箱に押し込んで完成!

もう

気分は運動会⤴

慣れないことをするので時間ギリギリで町内清掃へ。

そしてその足で

ご近所さんとお疲れ様のお茶タイム🍵

そしてその足で

各務原へ。

各務原公園北側から登山開始!

はなっからテンション高くハイペースな二人

サクサク行くから

あっという間に一つ目の山頂

景色イイね~

母も横にそっと座る、、、

時々垣間見える山並み

紅葉もキレイ

下りで追いつき

登りで差がつく

ここで

ヤッホー

したら

驚くほど響きました

鐘はこうやって突くんだよ

と教えられてる(笑)

ゴールでランチ

この一瞬のために

母はちょっと気合入りました

失うことで得る事は

失って初めて

その価値や尊さに気付く、ということはよくある

本も面白かった

自身のことを描いたものに感心した。

その生きざまに、何度も。

仏教の教えに乗っ取って法話もして

その言葉もつよく、温かかった

新聞の連載も毎度読んでいた。朝日新聞だったので。

少し前まで読んでいたような気がするけど

99歳まで信念を貫いて好きな仕事をし、こう在れたらいいなと思える人生!

今日はもう一つ面白き読んだ記事

宇宙飛行士の野口聡一さんのインタビュー。

野口さんは

飛行士になった最初の日から、理系的な宇宙へ興味よりも

宇宙とは何か

宇宙は人間をどう変えるのか、という

“哲学的な問題をライフワークとしている”。

これは

日本人の7人の宇宙飛行士の中で一人だけなのだそう。

立花隆さんの“宇宙からの帰還”を読んで宇宙に興味を持ったそうで

なるほど

質問への答えにも『文系的』な言葉で返答していて

その感覚に興味が沸いた!

 

船外活動の時に

地球のまぶしさと、宇宙の闇を同時に見たことは

生と死の狭間、この世とあの世を隔てる三途の川を渡るような感覚を持った

とか

地球の黒色と宇宙の黒の違い

とか

座禅を体験した時の感覚とか

それから

重力の感覚も。

というか

重力を喪失する感覚、、、

「船外活動で外が真っ暗だと手や足が伸びているか、曲がっているかわからない」

これは

重力を失って初めて気づく感覚

私たちの身体感覚は重力のもとにあるということなんだ。

将来、宇宙に人類が進出したら

上下関係という規範はなくなるし

大地に根を下ろすという言葉も意味を失うだろうと。そして

宇宙は夢やロマンの対象と同時に

『引き算の世界』だと。

『宇宙に飛び立つと、何かが欠けていきます

家族や友人との距離が離れてロケットの燃料が減る、重力はない、食べ物も制限される、船外で夜になれば視覚うを失う(漆黒の黒の世界)

宇宙は永遠に続く引き算の世界であり、最後に残ったものとどう折り合うかが問題になります』

 

失うこと

当たり前が無くなった

その時に

なにか気づくことがある

 

昨日の新聞記事から。。。